子どもの鼻水 黄色は?緑色は?風邪の進行状況の違いは…

この記事は2分で読めます

風邪のシーズン到来で、
子どもも大人も風邪をひいている人が
周りでも日に日に増えてます。

風邪の初期症状として最初に現れるのが…

やっぱり、鼻水!!!

2013y10m06d_171447203

鼻水は風邪の初期症状だけでなく、
体調不良の時にもすぐに反応するくらい、
健康のバロメーターともいわれます。

そもそも、鼻水というのは…

鼻の粘膜から体内に侵入しようとする
ウイルスや細菌を防御するためのもの!

鼻は唯一、身体の外にあるため、
一番最初にその防御がとられるため、
鼻水がでるんだとか???

鼻水がでるというのは、難しい言葉で言うと

「人間が持っている生体防御反応!」

…なので、恥ずかしいからといって鼻をかまずに
すすっている人もいるみたいですが、これはNG!

粘膜から侵入しようとしているウイルスや細菌を
鼻水で外に出そうとしているのを反対に体内に入れることになるので、
絶対にやらないように!

これは、小さな子どもでも同じ!

鼻水がでているのを見つけたら、
すぐにかむことを教えてあげてくださいね?

ただし…

鼻水は完全に出しきることはできまぜん!

何度もかむのは逆に、
鼻の下がヒリヒリとなってしまいますよ。

鼻水の色の変化と風邪の進行状況

鼻水の色の変化はこんな感じで起こっていきます。

透明な鼻水→ 白色→ 黄色→ 緑色

・鼻水がサラッとしている透明な状態の時
風邪の初期、引き始めや体調不良の合図

・鼻水が透明から白色になった時
風邪のウイルスや細菌との戦い始まった合図

・鼻水が白色から黄色になった時
風邪のウイルスや細菌との戦いが進み、
ウイルスや細菌と戦った白血球の死骸が増えてきた状態

・鼻水が黄色から緑色になった時
古くから鼻水が緑色になってきたら、
風邪が治り始めた証拠と言われてますが、

これは間違い!

この状態は、
ウイルスや細菌が再び増え始めている合図です。

治り始めたと思って、鼻水が緑色のこの状態の時に無理をしてしまうと
風邪を余計に悪化させてしまうこともありますよ!

鼻水が緑色になった時には、安静にするか、
早めに病院等で適切な治療を受けるようにしてください。

風邪の初期症状であっても
鼻水が止まらないっていうのは、
ホント 辛いですよね。

2013y10m06d_205216875

鼻水を簡単に止める方法

鼻水を止める方法の中の一つに、
口に水を含んだり、氷を含むっていうのがありますが、
これはあまりおススメできません!

この方法の欠点は、口の中に、
ウイルスや細菌のついた鼻水が溜まってしまうこと!

すぐに鼻水を含んだ水を外にだすならいいのですが、
出すことができずに飲み込んでしまう人も多いみたいですからね…

この方法よりも、写真のように
「二間じかん」という指にあるツボを押して
一時的に止めるほうがいいと思います。

2013y12m08d_153517614

やり方としては…

握りこぶしを作って、
×印の箇所に親指のツメで「バツ印」がつくくらい
強く押すだけなので、すぐにできて簡単です!

効果は人によって違うと思いますが、
個人的には一番おススメの方法です。

…が、

外からのウイルスや細菌の侵入を防いでいる鼻水を止めるのは
風邪の治りを遅らせることもあるので、
どうしても止めたいっていうときにだけにしておく方がいいですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日