じんたまジャムの作り方も簡単!効果・効能も間違いないの?

この記事は2分で読めます

にんたまジャムも少しずつ人気になってますね?

でもでも、にんにくが…

っていう人のために新しく考案され、
あさチャン!で紹介されたのが、


「じんたまジャム!」

「じんたまジャム」の「じん」は、
『ジンジャエールのじん』。。。

そう、にんにくの代わりに生姜を使った「にんたまジャム」。

もちろん、にんにくを生姜に変えただけなので、
作り方も簡単!

■にんたまジャムの作り方

【材料】
・たまねぎ:1個(約500g)
・生姜:約100g
・水:100㎖
・砂糖:約60g
・レモンの搾り汁:大さじ2杯程度

【作り方】
ほぼ「にんたまジャム」の作り方と同じ
http://triviadays.com/archives/1469

1.たまねぎと生姜の皮をむいて、適当な大きさに切ります。
※生姜は5㎜程度の厚みで輪切り
2.(1)と水を耐熱ボウルに入れて電子レンジで約14分(600W)加熱。
3.ミキサーに(2)と砂糖、レモン汁を加えて、なめらかなペースト状にします。
4.(3)をもう一度、耐熱ボウルに移し、ラップをせずに電子レンジ約8分(600W)加熱して完成。

【保存法】
熱いうちに瓶に移してふたをすれば、
常温で1週間、冷蔵で1カ月保存できます。

冷凍すれば約2カ月の保存も可能。

※注意:じんたまジャムを入れる瓶は、完全に乾燥させておいてください。

常温で長期保存するときには、加熱殺菌をすれば約半年は保存できます。

…が、早めに食べきってしまう方がいいですよ。

【摂取量】
1日の摂取量の最少の目安は、大さじ2杯程度

■効果・効能は?

あさチャン!で紹介されていた効果・効能は、
たまねぎに関しては「にんたまジャム」の記事でも書いている通りですが、

「生姜」の効果・効能は…

・血流促進、冷え性の改善
・脂肪、糖の代謝促進(ダイエット効果)
・生活習慣病の予防(血液サラサラ効果・血栓の予防)
※生姜に含まれているショウガオールという成分

・免疫力アップ(風邪やインフルエンザの予防効果)
※生姜に含まれているジンゲロールという成分

・発汗促進
・咳を鎮めたり、痰をとる
・解熱効果
・鎮痛作用
・抗炎症作用
・胃潰瘍予防、胃腸の消化、吸収促進
・吐き気を抑える
・めまいや耳鳴りの予防
・抗菌、抗寄生虫、抗ウイルス作用
・コレステロールの安定化
・アンチエイジング(抗酸化作用)
・うつ病予防
・デトックス作用
・リューマチの改善効果

…などなど。。。

生姜もにんにくにも負けないくらいの効果・効能がある
健康食材です。

にんたまジャムの匂いがどうしても…

っていう、あなた!

「じんたまジャム」作ってみませんか?

※あくまでも民間療法なので、効果にも個人差があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日