食道発声法とはどんな声になるの?動画で聞いてみて!

この記事は1分で読めます

声帯を全摘出した人が始める「食道発声法」

つんく♂さんがこの「食道発声法」を始めたことで、
ちょっと話題になってますよね?

正直な話、わたしはこんな発声法があるなんて
知りませんでした。

■食道発声法とは?

食道発声法というのは、胃にためた吸気を逆流させて、
食道の一部を振動させて発声をする方法なんだとか?

とっても難しそうですが、4ヵ月から12ヵ月程度の訓練で
習得できるとこんな声を発声することができるみたいです。

…が、習得できても実際に生活の中で普通に使えるようになる人は、
4割以下と厳しいみたいですよ!

食道がん 初期症状の検査法はどんな方法があるの?検査費用は?

そう言えば…

元経財相の与謝野馨先生も下咽頭がんが原因で声を失って、
人工喉頭(プロヴォックス)を付けていたはず?

調べてみると、与謝野馨先生がやっている方法は
この人工喉頭(プロヴォックス)を使った「気管食道シャント法」と言って、
欧米では主流になっている方法なんだとか。

気管食道シャント法なら発声する訓練をする必要もなくて、
簡単により自然に近い発声ができるというのが良いみたいです。

ちなみにどんな声になるのかというと、こんな感じ…

どうです?「食道発声法」よりは聞きやすいような…

この気管食道シャント法は、
少し前から日本でも認知され始めているそうなので、
つんく♂さんもこっちの方法がいいような???

「食道発声法」にせよ「気管食道シャント法」せよ、

早くつんく♂さんに声が戻ってほしいものです。

頑張れ、つんく♂さん!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日