酢玉ねぎを効果的に保存期間を長くする方法はこれがオススメ!

この記事は2分で読めます

酢玉ねぎを健康オタクの友人からもらったけど、
冷蔵庫で保存するなら1週間から10日程度らしい。

せっせと食べれば食べきれるんだろうけど、
酢玉ねぎの効果・効能が得られるといわれている
毎日50gっていうのはちょっとどうかなぁぁ?

…と、友人に聞いたところ、こんな方法を教えてくれた!

■酢玉ねぎを長期保存する方法!

友人が教えてくれた効果的に酢玉ねぎの保存期間を長くする方法は…

酢玉ねぎをそのままミキサーにかけてペースト状にして、
製氷皿にいれて凍らせ「玉ねぎ氷」にするのがいいらしい。

玉ねぎ氷にすれば、冷凍庫保存で約2ヵ月は持つんだとか?

それと、市販されている製氷皿の1個は約25gなので、
1日に凍らせた玉ねぎ氷を2個食べれば、
1日50gという目安が簡単に計算できるのもいいらしい。

長期間保存できて、1日に食べる量もすぐにわかるというのは、
「玉ねぎ氷」恐るべし!!

ついつい酢玉ねぎを作り過ぎてしまった時や食べきれなかった時には、
この方法で保存期間を延ばすといいですよ!

玉ねぎ氷をそのまま食べてもいいですが、
友人の家で活用しているレシピを教えてくれたので
紹介します。

■玉ねぎ氷ちょい足しレシピ

1.玉ねぎ氷ご飯
ご飯を炊く時に玉ねぎ氷を一緒に入れて炊くだけ。

炊き方のポイントは、白米1合に玉ねぎ氷1個が目安で、
水の量は少し少なめに!※大さじ2程度(2)

2.卵かけごはんにちょい足し
卵かけご飯に玉ねぎ氷を溶かして混ぜれば完成!

3.みそ汁にちょい足し
みそ汁に玉ねぎ氷をそのまま入れるだけ。

1杯に玉ねぎ氷2個が目安。

4.カレーや煮物にちょい足し
カレーや煮物に玉ねぎ氷を入れて煮込むだけ。

酢玉ねぎは和洋中のどんな料理にも合うので、
ちょい足しするだけで、塩や砂糖などの調味料の量を
減らすのにも役立つわよ!

…と、友人の奥さん。。。

にんたまジャムの作り方!ちょい足しレシピで効果もアップ!

最後に…

1日酢玉ねぎを50gを食べると

・内臓脂肪の減少効果(肥満改善)
・血圧降下作用
・血糖値の上昇の抑制
・肝機能の強化
・肥満改善に役立つ
・免疫力UP
・骨粗しょう症の予防や改善
・生理痛改善
・美肌効果
・冷え症の緩和
・むくみ解消
・便秘改善

など等、生活習慣病の予防や改善に
ダイエット効果、美容効果が発揮されるそうだ!

ちょっと体調が…

と健康に不安なら酢玉ねぎお試しください。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日