枝豆の栄養と効能はビール好きに最適!女性には美容効果も?

この記事は2分で読めます

EDAMAME!

…と、外国人の人たちにもすっかり人気になって、
今や国際食(?)になってしまった感のある「枝豆」!

何故こんなにも人気になったのかというと…

枝豆の持っている栄養と効能が、
ビールを好きな外国人にはうってつけの食材だから。

■枝豆の栄養と効能

枝豆に含まれている栄養は…
・ビタミンC
・ビタミンB1
・βカロテン(ビタミンA)
・葉酸(ビタミンB群)
・カルシウム、鉄分(ミネラル)
・カリウム
・食物繊維
・タンパク質

こんな感じで、大豆になる前でも、
色々な栄養が豊富に含まれてます。

【ビタミンCの効能】
・シミやソバカスの原因となるメラニン色素の沈着防止効果
・便秘解消効果

【葉酸の効能】
・身体の成長促進
・貧血の予防効果

【カリウムの効能】
・ナトリウムの排出効果(むくみの解消、高血圧の予防、利尿作用)

【食物繊維の効能】
・整腸作用

こいった栄養もさることながら、枝豆には、
脂肪の吸収を抑えてくれる効能があって、
食べ過ぎも抑えてくれるんですよ!

これを効能を利用したのが…
「枝豆ダイエット」

食事の前に枝豆を食べて、
食べる量を抑えるっていうダイエット法。

それに、食物繊維やビタミンB1、B2などのビタミン類も
便秘解消にも効果がありますよ!

美肌効果があるといわれているコラーゲンと作るのに必要な
ビタミンCや植物性たんぱく質も豊富に含まれているっていうのも
女性には嬉しいじゃないですか?

枝豆ならフカヒレのように、
財布を気にせず食べられますからね。

■枝豆とビール

ビールに合う枝豆の中には、ビタミンB1だけでなく、
植物性タンパク質の中に含まれている「メチオニン」という
アルコールを分解してくれる成分があります。

また、カリウムという成分も、
ビールを飲んだ翌朝の肌のむくみも解消してくれるので、
ビールが好きな女性にも枝豆はおススメ!

こう言った成分以外にも、
肝臓の働きを良くする「コリン」という成分も豊富なので、
二日酔いや悪酔い防止にも効果があります。

…というわけで、

ビールを飲む時には枝豆をしっかりと食べましょう!

二日酔いの吐き気の治し方!絞って飲んで効果抜群!

但し、食べ過ぎると植物繊維が豊富なので、
下痢になってしまうのでほどほどに。

そうそう…

枝豆の栄養は、加熱しても冷凍しても栄養価がそのままなので、
ビールのつまみだけにしとくのはもったいないですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日