にんたまジャムの作り方!ちょい足しレシピで効果もアップ!

この記事は2分で読めます

にんたまジャムっていうのが、
巷で話題になっているみたいですね?

…とはいっても、
正直な話「にんたまジャム」って???

高血圧にも効果があるみたいなので、
作ったやつをあげるから食べてみろよ!

…と、「酢たまねぎ」を教えてくれた
健康オタクの歯科医の友人が持ってきてくれた。

酢たまねぎで高血圧を改善!効果を高める作り方は…

■にんたまジャムとは?

にんたまジャムというのは、
「にんにく」と「たまねぎ」をジャムにしたもの。

「にんにく」と「たまねぎ」

2つの食材とも、昔から身体に良い健康食材として
食べられているだけに、健康を保つのにはベストな食材。

これをジャムとして
一緒にしてしまうという発想には
目からうろこ。。。

考案したのは「たまねぎ氷」でも話題になった
村上祥子さんといって、料理研究家らしい。

友人曰く、

村上祥子さんの「たまねぎ」を使ったレシピは、
女性誌だけでなくテレビの情報番組でも紹介されているんだとか?

女性誌は見たことないけど、そう言えば、
テレビの情報番組(NHKだったかな?)では、
見たことのあるような気がする?

ちなみに…

【たまねぎの効能・効果】
たまねぎについては、
「酢たまねぎ」の時にも書いているので
今回はザックリと…

・高血圧の改善・予防(血液をサラサラにする)
・糖尿病の予防
・動脈硬化の予防
・新陳代謝の促進
・疲労回復
・食欲不振
・精神不安定
・精力減退
・不眠

…など等。。。

【にんにくの効能・効果】
にんにくの強烈な臭いの原因の成分「アリシン」には、
強い殺菌・抗菌作用があって、

・抗ガン作用
・血栓を予防・改善
・コレステロール値を下げ、抗血栓作用
・胃潰瘍の予防
・免疫力低下防止、免疫力UP

…など等の効能・効果があるんだとか?

いやいや「たまねぎ」も「にんにく」も、
素晴らしいのひとこと。。。

にんたまジャムを食べている人の評判も

「血圧が下がった」
「風邪をひきにくくなった」
「肌の調子がいい」
「便秘が解消した」
「痩せた」

…などの効果も報告されているみたいですよ!

酢玉ねぎの効果・効能が少しずつ現れてきた…かな?

■にんたまジャムの作り方

色んなサイトで紹介されている作り方を
まとめてみると、こんな感じです。

【材料】
たまねぎ:500g
にんにく:100g
水:100ml
はちみつ:80g
レモンの絞り汁:大さじ2

【作り方】
1.たまねぎもにんにくも皮をむいて適当な大きさに切ります。
2.耐熱ボウルに(1)と水を入れて、ラップをして、電子レンジで約12分(600W)加熱します。
※ラップをする時は両端を少しあけておく方がいいみたいです。
※ラップをしない場合には、600Wで約6分。
3.熱いうちに染み出た汁も一緒にミキサーに移し入れます。
4.はちみつ、レモン汁を加え、なめらかなペースト状になれば完成。

熱いうちに完全に乾燥しているガラス瓶などに移して、
しっかりとフタをしておけば、常温で約1ヶ月、開封した後だと、
冷蔵で約2ヶ月保存することができるんだとか?

これが普通の「にんたまジャム」の作り方らしい。

友人は、レモン汁の代わりに
「黒酢」をちょい足ししている。

黒酢には人間に必要な8種類の必須アミノ酸や
クエン酸などの有機酸も豊富に含まれているから、
より高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善にも
より効果的らしい。

ホントかどうかは素人のわたしにはわからないけど、
健康オタクの友人の事だから、多分そうなんだろう?

出来上った「にんたまジャム」は、
1日2さじ(ティースプーン)程度を目安に摂取するだけでも、
高血圧や糖尿病の予防にも効果があるらしい。

1日2さじという少量でも、1日の目標摂取量と推奨されている
にんにく、たまねぎの量を取れてしまうんだとか?

友人は、カレーや麻婆豆腐、肉料理、魚料理だけでなく、
しゃぶしゃぶのたれやグラタンなんか「和・洋・中」関係なしに、
どんな料理にも使っているよといってました。。。

にんたまジャムは常備できて、
いつでも手軽に料理に使えるようなので、
ちょっと使ってみよう。

じんたまジャムの作り方も簡単!効果・効能も間違いなし!

※あくまでも民間療法なので、効果にも個人差があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日