珍しい苗字・名字の読み方まとめ!いくつ読めるかな?

この記事は3分で読めます

DQN・キラキラネームの読み方について書いたので、
今度はスッとは読めない「珍しい苗字・名字」をまとめてみました。

「珍しい苗字・名字」いくつ読めますか?

Q.問題

凸守
勘解由小路
御薬袋
秀吉
降魔

獅子王
邪答院
奉日本
春秋
月見里

小鳥遊
春夏冬
春夏秋冬
南足
東西南北

忽那
八月一日
八月一五日
百々米木





飲酒盃
小椎八重
小間物谷
五味之本
五六

甲把
蟋蟀
四月朔日
十一月二十九日
珍名

本名
雲母
七五三掛
七五三木
謝花

巫部
大工
小浮気
辺銀
次郎垣内

瑞慶覧





右衛門佐
實寶
色摩

角大鳥居
文珠四郎
四十物谷

海千山千

武儀山
平安名
無量谷
松七五三
七五三掛

浮気
鴨脚
愛敬
四十八願
要海

阿留多伎
五百蔵
五十山田
弥勒院
十亀

位高
慰斗
薬袋
大仏
一口

一円
王来王家
嘉手納平敷
刀母余羅
波々伯部

南蛇井
大豆生田
一七夜月
一尺八寸
一七夜月

十八歳
東江
神吉
喜屋武
神ノ門

連峰
及位
霞龍
百千万億
栗花落

四十九院
号刀
雲英

無量小路

土生田
神代
雀遊
加弓
久場普久原

貴家
佐曽利
眼目
三分一所

案富祖仲間
六興



物袋
汾陽
五老海
善知鳥

仲村渠
百千万億
阿次戸佐藤
池鯉鮒
遠北

齶田
分目
禾几
養宇
一身



禿

月日

不入斗
後宮
大社

己己己己

伊芸安富祖
大角豆
安志
安心院
大工廻

百木田
暗家
以内
平垣内
半家

小井
椋龍
相州
幸地与那嶺
明翫

田守
東上
鬮橋
弟子丸
和歌ノ原

A.回答

凸守(でこもり)
勘解由小路(かでのこうじ)
御薬袋(みない)
秀吉(ひでよし)
降魔(ごうま)

獅子王(ししおう)
邪答院(けいとういん)
奉日本(たかもと)
春秋(ひととせ)
月見里(やまなし)

小鳥遊(たかなし)
春夏冬(あきない)
春夏秋冬(ひととせ)
南足(きたまくら)
東西南北(よもひろ)

忽那(つくな)
八月一日(ほすみ・はっさく・やぶみ)
八月一五日(なかあき・あきなか)
百々米木(どどめき)
何(が)

井(わかし)
十(もげき)
九(いちじく・いちのく)
糺(ただす)
佐(たすけ)

飲酒盃(いさはい)
小椎八重(こしばえ)
小間物谷(こまものや)
五味之本(ごみのもと)
五六(ふのぼ)

甲把(かっぱ)
蟋蟀(こおろぎ)
四月朔日(つぼみ)
十一月二十九日(つめづめ)
珍名(ちんな)

本名(ほんな)
雲母(きらら)
七五三掛(しめい)
七五三木(しめぎ)
謝花(しゃばな)

巫部(かんなぎべ)
大工(おおくみ)
小浮気(おぶき)
辺銀(ぺんぎん)
次郎垣内(じろうがいち)

瑞慶覧(ずけいらん)
雪(すずき)
前(すすめ)
劉(みずき)
鳰(にお)

目(さっか)
隣(ちかし)
右衛門佐(よもさ)
實寶(じっぽう)
色摩(しかま)

角大鳥居(すみお)
文珠四郎(もんじゅしろう)
四十物谷(あいものや)
香(におい)
海千山千(ふるて)

武儀山(むぎやま)
平安名(へんな)
無量谷(むろや)
松七五三(まつしめ)
七五三掛(しめかけ)

浮気(うきぎ・うきき)
鴨脚(いちょう)
愛敬(あいきょう)
四十八願(よいなら)
要海(ようかい)

阿留多伎(あるたき)
五百蔵(いおろい)
五十山田(いかいだ)
弥勒院 (みくろいん)
十亀(そがめ)

位高(やごと)
慰斗(のし・のと)
薬袋(みなし)
大仏(おさらぎ)
一口(いもあらい)

一円(いちえん)
王来王家(おうらいおうけ)
嘉手納平敷(かてなひらしき)
刀母余羅(ともより)
波々伯部(ほおかべ)

南蛇井(なんじゃい)
大豆生田(おおまみゅうだ)
一七夜月(かのう)
一尺八寸(かまつか)
一七夜月(かのう)

十八歳(ねごろ)
東江(あがりえ)
神吉(かんき)
喜屋武(きやん)
神ノ門(かみのかど)

連峰(れんぽ)
及位(のぞき)
霞龍(なづち)
百千万億(つもい)
栗花落(つゆり)

四十九院(つるしいん)
号刀(ごうとう)
雲英(きら)
艮(うしとら)
無量小路(むりようこうじ)

土生田(はぶた)
神代(かくみ)
雀遊(たかなし)
加弓(かゆみ)
久場普久原(くばふくはら)

貴家(さすが)
佐曽利(さそり)
眼目(さっか)
三分一所(さんぶいっしょ)

案富祖仲間(あふそなかま)
六興(むくみ)
英(はなぶさ)
槐(えんじゅ)
祝(ほうり)

雄(おんどり)
物袋(もって)
汾陽(かわきた)
五老海(いさみ)
善知鳥(うとう)

仲村渠(なかんだかり)
百千万億(つもい)
阿次戸佐藤(あじとさとう)
池鯉鮒(ちりふ)
遠北(あちきた)

齶田(あきた)
分目(わんめ)
禾几(あわき)
養宇(かいや)
一身(かつみ)

几(おしまずき)
暗(あちい)
禿(とく)
菅(ばか)
月日(おちふり)

不入斗(いりやまず)
後宮(うしろく)
大社(おおこそ)
空(きのした)
己己己己(いえしき)

伊芸安富祖(いげいあぶそ)
大角豆(ささぎ)
安志(あなし)
安心院(あじむ)
大工廻(らくじゃく)

百木田(からきた)
暗家(はるけ)
以内(にうち)
平垣内(ひらがいと)
半家(はげ)

小井(いさらい)
椋龍(むくりゅう)
相州(あいす)
幸地与那嶺(こうちみなみね)
明翫(みょうがん)

田守(かがし)
東上(あがりじょう)
鬮橋(くじはし)
弟子丸(でしまる)
和歌ノ原(うたのはら)

どうでした?

珍しいだけでなく読めない苗字って、
こんなにもあるんですよ!

紹介した珍しい苗字以外にも
信じられないくらいまだまだありますからね?

例えば…『蓼丸』

『たでまる』って読みます。

国内でもほんの数家しかないといわれている
ホント珍しい苗字のひとつ。

…なんですが、
実はこの苗字が本名の芸能人が、

「綾瀬はるかさん!」

本名:蓼丸 綾(たでまる あや)

ではでは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日