風邪の初期症状を治す方法!葛根湯が効かないのはこんな時!

この記事は2分で読めます

風邪の初期症状のひとつ…

ゾクゾクとした寒気のある時の対処法は
前回の記事で書いたので、
そちらを参考にしてください。 → こちら

…で、今回は微熱のある風邪の初期症状を

治す方法をお教えします。

もちろん、治し方を教えてくれたのは、
健康オタクの歯科医の友人です。

【微熱のある風邪の初期症状】

・熱っぽく、のどが乾きだす
・セキがでたりのどの痛みがある
・寒気はほとんどない

こんな症状がある時には、

風邪の初期に飲むと早く治るといわれている
漢方「葛根湯」を飲んでも効果がないとか?

彼曰く、

「葛根湯」を飲んで効果があるのは、
微熱の無い、寒気のある風邪の初期症状の時だけ!

それを知らずに、
微熱のある風邪の初期症状の時に飲んで、

「葛根湯は風邪に効果が無い!」

…と、文句を言う人が多いらしい。

正直な話、こんなことも知らずに、
過去にわたしも同じように
「葛根湯」をバカにしていたことがある。

「葛根湯」の効果のある時に飲んでないんだから、
風邪が治ることは無いよなぁぁぁ。

話を元に戻して、

微熱があるからって、いきなり熱を下げたいために
解熱剤を飲んで熱を下げようとするのは、
一番しちゃいけない!

…と、力説!

微熱があるということは、
今、身体が侵入してきたウイルスと戦っている状態。

その力を弱めてしまうので、
解熱剤を使って熱を下げるというのは、
風邪の症状を悪化させてしまうこともあるとか?

…で、友人が教えてくれたおススメは、

「エキナセアを飲む」


※画像引用先:http://www.dhc.co.jp/

聞きなれない言葉がでてきた。

私が知らなかった「エキナセア」というのは、キク科のハーブで、
免疫力を強化したりウイルスのよる炎症を抑える効果が
ミュンヘン大学の検証でも認められているんだとか?

昔から欧米では風邪やインフルエンザの予防などに
飲まれていたというんだから、友人がおススメな理由がわかる。

まして、コンビニや薬局でも販売していて、
簡単に入手することができるというのも
うれしいじゃないですか?

但し、下痢などの副作用がまれにでることがあるから、
注意した方がいいよ…と、一言。

下痢といっても軽いみたいですけどね?

セキがでたりのどの痛みに効果があるのは、

「カテキン緑茶」

これもコンビニで買えるので、
おススメらしい。

緑茶に含まれている
「茶カテキン」というポリフェノールの一種が
ウイルスの増殖を抑えてくれるんだとか?

ちょっと高いかなぁぁと思うかもしれませんが、
「カテキン緑茶」でうがいをするのも良いみたいですよ!

微熱のある風邪の初期症状に効く食べ物!

栄養を付けて風邪を早く治そうと、
普通よりも食べる量を増やしてしまうと、
消化にエネルギーを使ってしまうので、
これはNG!

微熱があって食欲が無ければ、
無理に食べずに空腹状態のままで、
水分補給をしっかりする方が、
早く治るよ…と。

食欲が少しでもあるなら、
ウイルスと戦うエネルギーを早く摂取できる

『消化の良い食べ物』

一人暮らしや単身赴任のお父さんでも
しんどい時に手軽に食べられる

「レトルトパックのお粥」!

コンビニでも買うことができ、
温めるだけで食べれるというのが、
ポイントらしい。

「レトルトパックのお粥」に
ネギの「青い部分」や生姜などをちょい足しすれば、
より効果があるとも。。。

ネギの「青い部分」は汗や熱を発散させる働きがあるし、
生姜は「身体を温めてくれる」作用があるので、
微熱のある風邪の初期症状のときには、
おススメの食べ物のひとつだとか?

友人から教えてもらったように、
コンビニで手軽に買うことができる物だけでも、
微熱のある風邪の初期症状に効くものがあるので、
参考にしてください。

最後に…

季節の変わり目の風邪は、微熱程度なら薬なんかに頼らず、
できる限り「自然治癒」で治すほうが良いそうです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

今日はこんな日